千葉県護国神社|神社の歴史

千葉県護国神社の歴史

明治天皇の深い思召を以て、明治11年1月27日、初代県令柴原和が発起となり、
一身を捧げて国難に殉ぜられた人々の勲を永く顕彰し、そのみたまをお慰め申し上げるために
千葉県庁公園内に千葉縣招魂社として創建せられたのにはじまり、爾来社地変更・御社号改称等の
変遷を経て、昭和42年9月30日亥鼻山から現境内地に御遷座申し上げ、平成7年には、
御創立壹百拾五年を記念し御社殿などの主要建造物大修復工事を、また、平成17年9月には
大鳥居再建の大事業を完遂しました。
昭和48年10月、昭和天皇・香淳天皇には、国民体育大会開会式御臨場を機に御親拝遊ばされ
同月全国身体障害者スポーツ大会に御臨場を機に皇太子(今上 天皇)・同妃両殿下が
御参拝遊ばされるなど創建以来皇室の御祟敬はもとより、県民遺族の変わらぬ祟敬のもとに
御神徳は愈々輝き、御社頭は日毎に隆昌に赴いて居ります。

Copyright (C)2009千葉縣 護國神社. All Rights Reserved.